So-net無料ブログ作成
南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突 ブログトップ

ベトナム漁船沈没 中国船が体当たり [南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突]

ベトナム漁船沈没 中国船が体当たりする事故が、というか、、、南シナ海の西沙(英語名パラセル)諸島海域で、ついに漁船を鎮める荒い事をしてきましたね。漁民10人は他のベトナムの漁船が救出してなんとか命はとりとめました。これを受けてかベトナムで海上警察の船購入などに募金呼びかけをしています。
本来なら危ない所です。ベトナム船と中国船の小競り合いは続いてましたがついに、、ベトナム船沈没が起きてしまいました。
掘削施設から南南西約31キロの海域で中国の漁船約40隻に取り囲まれた状態だったそうですから、
ベトナムの漁船は戦々恐々だったと思いますよ。またベトナムの漁業監視船1隻も中国船10隻に囲まれる事も起きています。
ベトナム沿岸警備隊当局者が「現場は非常に緊迫した状況だ」と発表した。
数に勝る事をしてくるので、ベトナムも船を多くしないと漁船が危ない気がしますね。

なお中国が南シナ海の西沙(英語名パラセル)海域に設置した石油掘削施設があったのですが、
これを約100メートル北に移動させています。 どうやら中国の掘削も上手くいってないみたいです。
ベトナムで海上警察の船購入などに募金呼びかけにどれだけのお金が集まるかは別として、
すぐにでも発注したほうが良いですね。 国際的な支援が欲しい所です。
アメリカはどうするのでしょうか? 黙っているのかな、、、まだ何も談話は出てないようです。
気にしているのはフィリピンも同じです。 フィリピンの海域近くでもありますから、
これ以上かき回されると、かなり切迫した状況になるのではないかと予想されますね。

ベトナムの募金は、負傷した船員の治療費や船員、その家族への見舞金にもつ割れる募金との事なので、
多くのお金が集まると良いですね。




中国がベトナムとの交流を当面停止 しかも制裁拡大を警告 [南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突]

中国 ベトナムと当面停止 制裁拡大を警告しています。
中国外務省の洪磊・副報道局長が18日にお話していたのですが、
ベトナムで発生した反中デモが暴徒化したことで、多数の中国人が死傷したそうです。
でも思うに、、中国側がベトナム船に衝突したり ベトナムとのもめている海域で飛行場を作り始めたりしたのが
問題ありなんじゃないかと思っています。
西沙諸島めぐり船舶衝突したことをきっかけに、石油の掘削が問題だったと思いきや
目をそらすがごとく始まった埋め立てで、飛行場建設に乗り出した中国です
既にかなりメチャクチャなのは誰が見ても分かるのですが、
ここら西沙諸島辺りは、中国のものだと言っているわけですね。
しかも中国は、今後の情勢を見てさらなる措置を取ることを検討する
と言ってますね。

中国政府はベトナム政府に対して損害賠償も要求しているそうなのですが、
何とも強引なやり口のような気もします。

また中国軍がベトナム国境に向かっているという情報もあるそうです。
この辺りは良く分かりませんが注視してみて行く必要がありそうですね。

ベトナムは中国に旅行に行かないように呼びかけてますし
中国もベトナムに旅行に行かないように呼びかけています。
確かに今の状態では旅行に行ったら危険そうです。

経済交流などに影響が出る可能性もありますが、これはどちらにしても
引けない事だと思うので長引きそうです。

海運業者は、フィリピンからの遠回りをするのだろうと思います。
輸入品が心配ですね。

中国、南沙諸島に滑走路? [南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突]

中国、南沙諸島に滑走路を建設するのではないかと言われています。
となると無理やり領土化?ジョンソン南礁で、中国が埋め立てを行っているとフィリピン側が報道しています。
数週間前から資材や土砂の搬入しているそうですから、もう今頃一部は埋め立てているのかなと思います。
このジョンソン南礁はベトナムが実効支配していましたが、中国との争いの後に、中国側が実効支配するという
所になっています。
どうやら石油掘削ではなく、滑走路を作って無理やり領土化するのが狙いのようです。
滑走路を建設されてしまうと、空母が無くても実効支配空域が増える懸念があります。

問題となっている部分はほぼベトナムとフィリピンの中間ぐらいの所にあって、
ここが中国というのはかなり無理があるのですが、もし陸地化しているのであれば、
滑走路や住居を建設して実効支配を強める狙いがあるのだろうと思います。
岩礁領域だけにあまり船は特ではないと思いますから、大型船で航行するよりも
飛行機による実効支配を強めて行く狙いがあるのではないかと私は推測しています。

問題なのは、このような形で領土を増やす事が出来るのであれば、どの国も
やり始めるのではないかと思っています。

日本は尖閣諸島がありますけど、もし上陸されたたどうするのでしょうか?
気になるところです。

どんどん海洋進出をしている中国ですが、国際批判は全く効果がないような、、、、
ASEANと日本、そしてオーストラリアなどの連携で防げるものなのか、
心配な所ですね。

南シナ海情勢 ASEAN外相会合で深刻な懸念 意外なミャンマーと中国の関係 [南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突]

南シナ海西沙諸島がベトナム船と中国線の衝突で今一番世界の注目を浴びています。
発端となっているのは、その地域の石油採掘問題で、西沙(英語名パラセル)諸島付近で衝突しました。
ベトナム側に負傷者が出ている事もありますが、80隻もの中国戦が退去して押し寄せているので、
ベトナム側も船を出さざるをえない状態です。 しかも採掘のため作業を着々と中国は進めていると思われます。

他にも南沙諸島沖ではフィリピンが中国船を拿捕(だほ)がされまして、フィリピンとベトナムと中国の関係が
悪化し始めていますね。
そんななか ASEAN外相会合が10日、ミャンマーの首都ネピドー開催されました。

※意外なミャンマーと中国の関係
ミャンマーと言うところも実は、社会主義国ですので、中国との関係が深いと思いきや、
ミャンマーは最近中国と距離を置きつつあります。
どうも最近 中国は周辺諸国にあまり良い印象ではないみたいですね。

ASEAN外相会合では、中国を名指ししなかったものの
国連海洋法条約などの国際法の原則に従い 平和的に解決する事を会合で発表しています。

インドネシアのマルティ外相は「会議の大半は南シナ海問題に費やされた」と談話を出しています。
しかしこの海域を見るとほぼこのASEAN各国には関わる話だけに 他人事ではないのです。

フィリピンはアメリカ軍を呼び寄せた事で一安心でしょう。 そしてASEANは、
日本やオーストラリアとの連携を深めて行ってます。

中国はどうするのか気になりますがまた進展しだい書いて行きたいと思います。

南シナ海でまた衝突 3人負傷 中国とベトナム問題  [南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突]

先日ブログに書いた、中国船がベトナム船に衝突の件ですが、また昨日中国船がベトナム船に衝突、
3人負傷と言うニュースが出てました。普通考えると翌日はおとなしくなるものですが、層でもないみたいですね。
問題になっているのは石油の掘削です。
ベトナムは「中国の船が体当たりした」
中国は「ベトナムの船が先に171回もぶつけてきた」
どっちがどうなのか分りませんが、、、、、映像を見るか限り中国の船がぶつけてきているように見えます。
ベトナムと中国はどちらかと言うと同じ社会主義国として仲が良いように見えてましたが、
そうでもないみたいですね。
ただ海域を見ると、、明らかにベトナムでしょって言うレベルのところで、中国のだ~~~って言う
中国の主張に無理がありすぎて、、、と思います。
尖閣諸島も結局の所、海底資源がなければ絶対イラネって言うレベルだと思うのですが、
海底資源が確認されてから主張を大きくしてきていますね。

問題なのはこの海域が船舶の行き来も結構あるので、南シナ海を緊張化させるとすごく大変なんですよ。
日本もこの海域を通らないとなると、インドネシアから、フィリピンの太平洋側を通り おそらく船舶で言うと
1週間以上よけにかかる航海を余儀なくされます。

ニュースでは日本政府、ベトナム、フィリピンと連携強化で中国包囲網をと言うことも言われていますが、
石油掘削めぐり、6人負傷したばかり、、、
アメリカは フィリピンにアメリカ軍をおく事を決定

中国は徐々に追い詰められています。
分っているのかどうなのか分りませんが、アメリカがもう一押しすると投資引き上げ
対象になる可能性がありそうなると、、経済的に追い詰められてしまいます。

中国のバブルはそろそろ終わるといわれていますが、バブルがどうなるのか気になるところです。
日本だと多くのお金持ちが、、いなくなりましたね。





南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突 [南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突]

南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突 どっちが悪いのかと言うのは別として、
石油の掘削の関係で、ベトナムの海洋警察の船と中国の船が衝突してしまいました。
個人的には、、、中国側が5月に掘削作業を開始しています。しかし当然ながらベトナム側は反発しています。
両者の緊張は高まっていましたが、いろいろ調べて見ると
ベトナム政府による発表がありました
「中国が石油の掘削活動に着手し、周辺に約80隻の中国公船などが集まってベトナムの巡視船などに衝突や放水砲で攻撃を繰り返している」
80隻の中国船!!これはびっくりだ、、日本で見る尖閣諸島界隈に入って区とニュースになる 巡視船は5隻ぐらいなので、おびただしい数の中国船がいたことが分ります
しかも、衝突や放水砲で攻撃していると、、、また他のニュースでは航空機を繰り出していると、、、

アメリカも危機感を覚えたのか、フィリピンに基地を返還したけど、もどってくるみたいですね

しかし何故こんなに国際社会に反発を買う状態でがんがん行っているのか良く分りませんが、
中国は資源が枯渇し始めているのかもしれませんね。

でも日本も もっとしっかりした対応で良いと思うのですが、このまま行くと尖閣諸島も危うい気がします。
日本はどうやって時刻の領土と領海、排他的経済水域を守っていくのかをしっかりと考える時期に来ているのと、米軍基地もしっかりと考えないと、自分たちで国土を守っていけるのか?
そして東南アジアの国と連携して、中国に対して毅然とした態度を取るべきではないかと思ったりします。

yahoo newsに詳しい図が載っていたので 図はこれを参照して下さい ⇒ ヤフーニュースのHP
そもそも論で中国が直轄権を主張している海域がベトナム、インドネシア フィリピンのほとんど近くを言っているのでそもそも無理が、、、、、



またフィリピンの海洋警察が6日発表になりまました、南シナ海のスプラトリー(南沙)諸島で
中国船を拿捕 ウミガメが500匹見つかる違法操業でした。
中国は「フィリピンがいかなる挑戦的な行動もとらないよう、あらためて警告する」といってますが、
いやいやあんた、違法だよ 駄目でしょ、、、フィリピンの件は確実に中国駄目でしょ。



南シナ海西沙諸島 中国船とベトナム船が衝突 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます