So-net無料ブログ作成
エボラ出血熱 ブログトップ

エボラ出血熱とは? 西アフリカで猛威 [エボラ出血熱]

今エボラ出血熱で、ギニア、リベリア、シエラレオネが感染が確認されています。
コートジボワールでは3カ国からの船が最大都市アビジャンの港に入れません。

エボラ出血熱は まず覚えておく事で 現状は 「接触感染」 のみです。
主な感染ルートとして考えられているのは、動物に引っかかれたりする事で
感染する事や人と人との感染でも触れたり、看病している人が何らかの形で感染したのでは?
と考えられています。

主には、血液、分泌物、臓器、その他の体液に、創傷のある皮膚や粘膜あたりです。
なので食器類も危ないです。






エボラ出血熱の薬
-----------------------------------------------------------------------------------------


出血症状が出た時はかなり気を付けないと危険です。

エボラ出血熱と言っても 必ず出血するわけではありません。

エボラ出血熱のウィルスは、ワクチンや治療薬がありません。

なので今の所 特効薬もなく重度感染者は、、、、です



エボラウィルスは5種類ある
----------------------------------------------------------------------------------
エボラウィルスは、一つだと思われていますが実は5種類ありまして
ザイール、スーダン,ブンディブジョ、タイフォレスト、レストン
です。

治療を難しくしているのにはこれも関係しています。


エボラ出血熱の症状
---------------------------------------------------------------------------------------
初期症状: 突然の発熱、強い脱力感、筋肉痛、頭痛、喉の痛みなど

進行すると :嘔吐、下痢、発疹、肝機能および腎機能の異常

さらに進行すると: 出血する場合があります。

出血熱と言われている語源は、この出血症状からきています。
でも全員が出血するわけではありません。


基本は、興味があったとしても 出血熱が出ている地域にはいかない
という事です。

そして自分が感染源にならないようにしましょう。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
エボラ出血熱 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます